ご利用ガイド

講師関連

レッスンの作成・出品


1.レッスン作成ページからレッスンの作成を行います。

2.レッスンを開催する期間を指定します。下記の画像のように3つの方法があるので、いずれかを選択します。

 (1)毎週指定した時間にレッスンの予約を受け付けるを選択した場合
  この設定では曜日と時間を一度設定すると、毎週指定した曜日の指定した時間に予約を受け付けることが出来るようになります。この方法を選択すると下記の画像のような画面が表示されます。

 上記の中から毎週レッスンの予約を受け付ける期間を指定します。
 (1)-1 休日の設定
  ここではレッスンを行うことが出来ない曜日を選択します。ここで休日の曜日を選択することで、受講者はこのレッスンへ予約する際に、選択した曜日への予約が出来なくなります。例えば日曜日を選択した場合は、日曜日は休日となりますので、受講者は日曜日にはこのレッスンに対して予約をすることが出来なくなります。

 (1)-2 レッスン予約受付可能時間
  ここではレッスンをの予約を受け付ける時間を設定することが出来ます。左側で選択した時間は予約の受付を開始する時間となり、右側で選択した時間は予約の受付を終了する時間となります。例えば左側で9時を選択し、右側で18時を選択した場合は、受講者は9時~18時までの間のみこのレッスンに対して予約を行うことが出来ます。

 (1)-3 1レッスンの開催時間の単位
  ここでは1レッスン当たりのレッスン時間を設定することが出来ます。レッスン時間は10分、25分、50分の3種類の中から選択することが可能です。10分を選択すると、15分毎、1時間に4回のレッスンを行うことが出来ます。25分を選択すると、30分毎、1時間に2回のレッスンを行うことが出来ます。50分を選択すると、1時間毎、1時間に1回のレッスンを行うことが出来ます。各レッスン時間には5分または10分の余分な時間が設定されていますが、これは講師の方が次のレッスンを行う準備をする時間や、電波が悪いなどレッスン時間内に満足にレッスンが行えなかった際の授業時間の補填等の為に確保しています。

 (1)-4 レッスン出品後から予約を受け付けるまでの最短時間
  ここでは受講者からのレッスンの予約を受けてから、どのくらいの時間を空けてレッスンを開催するかを指定することが出来ます。仮に30分を指定すると、受講者がレッスンの予約をしようとした際に、その時点から30分以内に始まるレッスンに対しては予約が行えなくなります。また、受講者からレッスンの予約が入っても非承認にすることが出来ます。

 (1)-5 受講者からのレッスン予約時等にお知らせする受信メールアドレス
  ここでは受講者からレッスンの予約を受けた際などにお知らせのメールを受信するメールアドレスを指定することが出来ます。メインにはユーザー登録時に設定したメールアドレスが自動で入力され、変更することが出来ません。サブにはメイン以外にお知らせを受信したいメールアドレスを任意に設定することが出来ます。


 (2)特定の期間にのみレッスンの予約を受け付けるを選択した場合
  この設定ではレッスンの予約を受け付ける期間を指定することが出来ます。指定した期間中のみレッスンが公開され、受講者はその期間内でのみ予約をすることが出来ます。期間が終了すると自動的にレッスンは非公開に切り替わり、受講者に表示されなくなります。非公開に切り替わった後も、再度期間を指定することでレッスンを受講者に公開することが出来ます。この方法を選択すると下記の画像のような画面が表示されます。

 (2)-1 レッスンの開催可能期間
  ここではレッスンを開催する期間を左のカレンダー内の日付をクリックすることで開始日を選択し、右のカレンダー内の日付をクリックすることで終了日を選択することが出来ます。

 (2)-2 1日内のレッスンの開催可能時間
  ここではレッスンをの予約を受け付ける時間を設定することが出来ます。左側で選択した時間は予約の受付を開始する時間となり、右側で選択した時間は予約の受付を終了する時間となります。例えば左側で9時を選択し、右側で18時を選択した場合は、受講者は9時~18時までの間のみこのレッスンに対して予約を行うことが出来ます。

 (2)-3レッスンの開催可能日時
  ここでは(2)-1で選択した期間と(2)-2で選択したレッスンを開催する時間が表示されます。よくご確認の上次のステップにお進みください。

 (2)-4 1レッスンの開催時間の単位
  ここでは1レッスン当たりのレッスン時間を設定することが出来ます。レッスン時間は10分、25分、50分の3種類の中から選択することが可能です。10分を選択すると、15分毎、1時間に4回のレッスンを行うことが出来ます。25分を選択すると、30分毎、1時間に2回のレッスンを行うことが出来ます。50分を選択すると、1時間毎、1時間に1回のレッスンを行うことが出来ます。各レッスン時間には5分または10分の余分な時間が設定されていますが、これは講師の方が次のレッスンを行う準備をする時間や、電波が悪いなどレッスン時間内に満足にレッスンが行えなかった際の授業時間の補填等の為に確保しています。

 (2)-5 レッスン出品後から予約を受け付けるまでの最短時間
  ここでは受講者からのレッスンの予約を受けてから、どのくらいの時間を空けてレッスンを開催するかを指定することが出来ます。仮に30分を指定すると、受講者がレッスンの予約をしようとした際に、その時点から30分以内に始まるレッスンに対しては予約が行えなくなります。また、受講者からレッスンの予約が入っても非承認にすることが出来ます。

 (2)-6 受講者からのレッスン予約時等にお知らせする受信メールアドレス
  ここでは受講者からレッスンの予約を受けた際などにお知らせのメールを受信するメールアドレスを指定することが出来ます。メインにはユーザー登録時に設定したメールアドレスが自動で入力され、変更することが出来ません。サブにはメイン以外にお知らせを受信したいメールアドレスを任意に設定することが出来ます。


 (3)特定の日時にのみレッスンの予約を受け付けるを選択した場合
  この設定ではレッスンの予約を受け付ける日時を指定して、追加していくことが出来ます。指定した日時に対してのみ受講者は予約をすることが出来ます。下記の画像の場合は8月14日の10:00~20:00まではレッスンが行える時間として登録をしています。この予約を受け付ける時間を追加することにより、受講者の方は設定された講師の方の空き時間から任意の時間を選択してレッスンの予約を行うことが出来るようになります。この方法を選択すると下記の画像のような画面が表示されます。


 (3)-1 レッスンの開催可能日時
  ここでは画像上部のカレンダーからレッスンの開催可能日を選択します。
  次にカレンダー下部の選択項目からカレンダーで選択した日の中で何時から何時までレッスンを行うことが出来るのかを選択します。
  カレンダーの日付と時間に間違いがないことを確認したらオレンジの「予定を追加する」をクリックして、レッスンを開催できる予定を追加します。
  ここで設定したレッスンの開催可能日時はレッスンの出品後には削除・変更をすることが出来ないので、よく確認の上出品してください。また、予約日時の追加はいつでもレッスンの編集画面から行うことが可能です。出品をする前に追加した予定は下記の画像の最下部のように水色で表示され、出品前であれば水色の枠内の右側にある×ボタンをクリックすることで削除することが出来ます。

 (3)-2 1レッスンの開催時間の単位
  ここでは1レッスン当たりのレッスン時間を設定することが出来ます。レッスン時間は10分、25分、50分の3種類の中から選択することが可能です。10分を選択すると、15分毎、1時間に4回のレッスンを行うことが出来ます。25分を選択すると、30分毎、1時間に2回のレッスンを行うことが出来ます。50分を選択すると、1時間毎、1時間に1回のレッスンを行うことが出来ます。各レッスン時間には5分または10分の余分な時間が設定されていますが、これは講師の方が次のレッスンを行う準備をする時間や、電波が悪いなどレッスン時間内に満足にレッスンが行えなかった際の授業時間の補填等の為に確保しています。

 (3)-3 レッスン出品後から予約を受け付けるまでの最短時間
  ここでは受講者からのレッスンの予約を受けてから、どのくらいの時間を空けてレッスンを開催するかを指定することが出来ます。仮に30分を指定すると、受講者がレッスンの予約をしようとした際に、その時点から30分以内に始まるレッスンに対しては予約が行えなくなります。また、受講者からレッスンの予約が入っても非承認にすることが出来ます。

 (3)-4 受講者からのレッスン予約時等にお知らせする受信メールアドレス
  ここでは受講者からレッスンの予約を受けた際などにお知らせのメールを受信するメールアドレスを指定することが出来ます。メインにはユーザー登録時に設定したメールアドレスが自動で入力され、変更することが出来ません。サブにはメイン以外にお知らせを受信したいメールアドレスを任意に設定することが出来ます。


3.レッスンタイトルを設定します。レッスンタイトルは左側の入力欄と右側の語尾を合わせて設定します。左側の入力欄に入力した文字の語尾に右側の語尾で選択した文字が続く形になります。例えば左側に「株式投資歴15年、運用資産40億円の投資家ですが、」と入力し、右側の語尾で「何か質問ありますか?」を選択している場合は、レッスンタイトルは「株式投資歴15年、運用資産40億円の投資家ですが、何か質問ありますか?」というタイトルになります。レッスンタイトルは入力欄と語尾を合わせて、35文字以内で設定することが出来ます。


4.レッスンの詳細なカテゴリを選択します。大カテゴリと中カテゴリは講師詳細情報で設定したものが自動で選択されますので、ここではより詳細なレッスンに合わせた小カテゴリを選択して頂くことが出来ます。


5.レッスンのイメージ画像を最大3つまで選択します。レッスンのイメージ画像はアスクビー内に用意されているイメージの中から1つのイメージのみ選択して使用することが出来ます。また、「ファイルを選択する」のボタンをクリックすることで端末内のエクスプローラーを開いて、任意の画像をアップロードすることが出来ます。この方法では最大3枚まで画像をアップロードすることが可能です。
レッスンに使用する画像を選択、アップロードした後はメインで使用する画像を選択します。各画像が表示される枠の下には「メイン画像に指定」という選択ボタンがありますので、ここで選択した画像をメイン画像に設定します。
メイン画像はレッスンの詳細ページ以外のページで表示されるレッスンの画像になります。メイン画像以外の画像はレッスンの詳細ページに表示されます。


6.レッスンの要約ポイントを登録します。要約ポイントでは受講者がこのレッスンの内容やレッスンを受けることで得られる知識をわかりやすくする為のものです。
1つの要約ポイントは20文字までで入力することが出来ます。また、要約ポイントは「追加する」のボタンをクリックすることで、最大で5個まで登録することが可能です。


7.レッスンの詳細な情報を入力します。詳細情報の入力欄には、入力がしやすいようにするため、また受講者からの予約を獲得しやすくするために、例文や説明した方がいい項目が入力されています。自由に編集して頂き、受講者がレッスンについてイメージしやすい内容をご入力ください。


8.レッスンのタグを登録します。タグは必須項目ではありませんが、受講者の検索時に利用される重要な項目です。最大5個まで登録が可能ですので、レッスンの対象となる受講者がどのようなキーワードを検索するかをお考えの上ご登録ください。


9.レッスンの提供方法を選択します。また、全ての提供方法で文字チャットと任意で画面共有を行うことが出来ます。文字チャットはリアルタイムメッセージチャットを行うことが出来ます。画面共有はPCでのみ利用することが可能で、現在端末上で表示している画面全体またはアプリケーションのウィンドウを共有することが出来ます。
 (1)映像(カメラ)+音声(マイク)+文字(チャット)+画面共有
  このレッスンの提供方法では、任意で受講者と講師は端末に接続または内蔵されているカメラやマイクを使用したビデオ・ボイスチャットを行うことが出来ます。双方またはどちらかのみがカメラとマイクを利用することも可能です。例えば講師はカメラとマイクを使用して映像と音声を受講者に発信していますが、受講者はカメラの映像は講師に発信せずにマイクの音声のみを発信することも可能です。
 (2)音声(マイク)+文字(チャット)+画面共有
  このレッスンの提供方法では、任意で受講者と講師は端末に接続または内蔵されているマイクを使用したボイスチャットを行うことが出来ます。双方またはどちらかのみがマイクを利用することも可能です。例えば講師はマイクを使用して音声を受講者に発信していますが、受講者はマイクの音声を発信しないことも可能です。
 (3)文字(チャット)+画面共有
  このレッスンの提供方法では、文字チャットと画面の共有のみが行えます。カメラの映像やマイクの音声を使用することが出来ません。


10.レッスンの同時受講者上限人数を選択します。レッスンの内容によっては、受験勉強やビジネス資格の取得のための授業など、複数の受講者に対して一度にレッスンを行うことが可能なものもございます。その為最大3人までの受講者に対して一度にレッスンを行うことが可能です。


11.1レッスン当たりの販売価格を選択します。レッスン料金は最低300円~最大50,000円までの金額で指定することが出来ます。


12-1.受講者がレッスンを購入できるようにアスクビー上にレッスンを公開して出品します。以下の「レッスンを出品する」のボタンをクリックすると、レッスンの情報を確認するダイアログが表示されます。レッスンの情報をよくご確認していただき、問題が無ければ「出品する」のボタンをクリックします。これでレッスンの作成から出品までが完了です。


12-2.もしもレッスンを作成したが、まだ出品はしたくないという場合は「レッスンを下書きにして保存する」のボタンをクリックします。このボタンをクリックすると、選択、入力したレッスンの内容をマイレッスンページに保存します。一度保存したレッスンはマイレッスンページから簡単に出品することが出来ます。


レッスンの作成・出品を行うためには講師登録を行う必要があります。講師登録についての詳しい情報は講師登録ページをご確認下さい。